美胸を保つカギは「クーパーじん帯」のケア!強力にサポートしてくれるクリームとは?

美容

女性なら、誰もが密かに気にかけているのがバストの問題です。

・バストが元々小さい
・バストが大きいのにハリが無い
・出産後、バストのカタチが崩れてきた
・年齢と共にバストが垂れてきた
・授乳後バストがしぼんだ

など、悩みが尽きません。

人によって気になる部分は多少違いますが、

共通の願いは、「ハリがあって上向きのバスト!」でしょう。

美しいバストでもっと自信を持ちたいですよね。

今回は、美胸を作る秘訣について詳しく解説します。

理想のバストは「クーパーじん帯」がカギ!

美しい胸のカタチは「クーパーじん帯」しだい!と言っても過言ではありません。

女性のバストは、主に乳腺と脂肪からできていて、乳房自体に筋肉はついていません。

では、どうしてバストが重力に反して持ち上がっているのかというと、デコルテ周辺に付いている独特の「じん帯」に秘密があります。

デコルテ部と乳腺を繋ぐ「クーパーじん帯」は、9割が脂肪でできている乳房を引っ張り上げ、まるでブラジャーのような役目を果たしています。

若いうちは、皮膚にもクーパーじん帯もハリがあり、胸をしっかりと支えてくれています。

しかし、年齢とともに「クーパーじん帯」は伸びてしまい、バストも下がり気味になります。

さらに追い討ちをかけるように、様々な刺激により繊維状のクーパーじん帯は少しずつ切れていき、胸の下垂は深刻なものになってしまいます。

残念なことに、クーパーじん帯の1度切れた部分は再生しません!

ですから、これを少しでも食い止めるために「クーパーじん帯」のケアが必要になってきます。

胸部の土台となる大胸筋を鍛えることでも美胸効果はありますが、まるでブラジャーの機能をもつ、クーパーじん帯を大切にすることで、いつまでも美しいバストを保つことができるのです。

自分の「クーパーじん帯」を守ろう!

クーパーじん帯は、デコルテ上部から乳腺を繋ぐ、何本ものたいへん細い組織でできています。

このじん帯はちょっとした刺激で少しづつ切れてしまい、元には戻りませんので、普段のケアが重要になってきます。

また、クーパーじん帯がのびたり切れたりすると、胸が下垂して本来のサイズよりも小さく見えてしまう、ということも起こってきます。

大事なクーパーじん帯を守るために、まずは次の2つを見直してみましょう。

・サイズの合ったブラジャーを選ぶ

・激しいスポーツをする場合は胸が揺れないブラを選ぶ

きつ過ぎるブラジャーに乳房を押し込むと、クーパーじん帯を傷つけてしまいますし、逆に大き過ぎるブラジャーも胸が揺れて、やはりクーパーじん帯を傷つけてしまいます。

激しいスポーツでも胸が揺れますので、ホールド力のあるしっかりブラを着用し、クーパーじん帯を守るの事が大切になります。

また、最近は就寝時用のナイトブラもありますね。血行を妨げずに横に流れる胸をサポートしてくれますので、美胸ケアにはおすすめです。

「クーパーじん帯」を守るにはお肌のケアも必要!

クーパーじん帯は、もちろん乳房の皮膚とも繋がっています。

皮膚にハリが無くなると、せっかく支えてくれるクーパーじん帯も実力を発揮できませんので、お肌のケアが肝心になってきます。

いつもカサカサしていて、ハリがないという方は一刻も早くケアを始めましょう。潤ってハリがあるバストは、それだけで魅力的ですよね!

汗をかいたり蒸れやすい胸元は、こっくりしたタイプよりも、浸透の良い化粧品がおすすめです。

毎日ケアをして、ハリのあるしっとりバストを目指しましょう。

バストケアにはどんなものを選べば良い?

バストの美しさを保つには、毎日根気よくケアをする事が大切です。

どうせ選ぶなら、ハリだけでなくボリュームアップも期待したいし、信頼できる成分を使いたいですよね!

そこでおすすめするのが、「セルノート BV LINE GEL」です。

人気口コミサイトNo.1、バストアップクリームweb投票人気 No.1を獲得。

ファッション雑誌等でも紹介されています。

国内製造で、自然由来の贅沢な成分を使用しているのも良いですね。

今なら「秋冬に頑張る集中ケアサポートキャンペーン」実施中で、最初の1本100mlが実質無料で使えます。

さらに、バストケアのノウハウを詰め込んだDVDも付いてくるのでありがたいです。

ぜひこの機会に頑張ってみてはいかがでしょうか?



コメント

タイトルとURLをコピーしました